富山の雑煮レシピ簡単な作り方。具や出汁にはエビや魚で地域色満載。

富山県民が「普通だ」と思っているものの中には、実に地域色豊かなモノがある。
その一つが、お雑煮!

私は県外出身者だが、富山の雑煮はカオスだった。
慣れるまで数年を要した驚愕の具や出汁。魚やエビが入っている醤油味の雑煮。
と思えば、知り合いの家ではネギのみが具というシンプルさ。

どうなってんだ富山県の雑煮は!特徴ありすぎ。キャラ際立ちすぎ。

というわけで備忘録を兼ねて富山の雑煮の作り方簡単レシピまとめスタート(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

 

富山の雑煮の特徴は?

富山県の雑煮といえばこれ!という特徴がない。
呉西と呉東では出汁も具も全然違う。

しいていえば餅は角餅ということくらい。

もはやバラエティー豊かすぎて富山の雑煮=〇〇とは一言で表現できないのが特徴

こちらはウチのお雑煮。(呉東)
甘エビとこんにゃく、豆腐が入っておりちょっと甘めの醤油味。

こちらは高岡の知り合いの家の雑煮にそっくり。シンプルです。
それよりも、高岡のビジネスホテルの朝飯に登場してくるところが凄いです。食べたい!!

こちらの方のお雑煮には豆腐とこんにゃくがINしていますねえ。
富山図鑑の呉東地区の雑煮にも豆腐とこんにゃくが入っておりますよ。
こんにゃくや豆腐を入れるのは魚津や黒部に多いようです。

こちらはすりみと赤巻きかまぼこがINしています。
まずすりみと赤巻きかまぼこ自体THE富山の食材です。
私も富山に住むまで、板に付いていないかまぼこはしりませんでした。

ブリ江
いろいろ入れるから雑煮というネーミングにふさわしいごちゃごちゃ下限が素晴らしい富山の雑煮。

 

スポンサーリンク

 

富山の雑煮レシピ

魚津や黒部では魚やエビを具や出汁に入れた雑煮が主流です。高岡の一部や南砺・砺波ではシンプルな雑煮が主流らしい。高岡・射水では赤巻きかまぼこやすり身入りが多い。富山市は中心だけあって、呉西と呉東の雑煮文化がごった返している

魚やエビ入りの富山風お雑煮の作り方レシピ

角餅、ごぼう、人参、焼いたサバもしくはフクラギ、海老、白い板こんにゃく、だしの素、料理酒、めんつゆ、みりん、砂糖

1ごぼうはささがきにする。人参とこんにゃくは1口大に切る
2サバ(フクラギ)は血合いを除き、ほぐす
3水にだしの素、料理酒、めんつゆ、みりん、砂糖を投入。餅以外の材料を入れて煮込む。
4レンチンして柔らかくした餅を器に入れ、3で作った出汁をかける。(鍋に餅を入れて煮込んでもよいが、ドロドロになってしまうため1回で食べきらない場合はやめておくほうが無難)

黒部のヤマデン醤油の甘口、もしくは穴の谷醤油の甘口で作ると良いです。
ちょっと甘いかなくらいの味が本家に伝わっているレシピに近い。
魚をすりみや赤巻かまぼこに変更しても良いですね。
出汁をつくるというか、出汁が出る具を入れて煮込むだけなのでものすごく簡単。

息子
ばあちゃんは隠し味にスルメを入れるんだよー。たまに取り忘れてイカの足が餅に刺さっている(笑)

 

シンプルな富山風お雑煮の作り方レシピ

角餅、細めの薬味ネギ、鰹節、昆布、白醤油、砂糖

1鍋に昆布を入れて一晩おく。
2熱湯に鰹節を入れ一瞬で引き上げる
31と2をあわせ、白醤油と砂糖で味を整える
4煮た、もしくは焼いた角餅を器に入れ、軽く湯通ししたネギを添え出汁をかける。

あなんたん(あなん谷の霊水入醤油)の醤油ですよ。しかも薄口醤油。
知り合いの家ではネギが添えられていますが、「ほうれん草の家もあるし、彩りがよかったらゆずとか乗せてもいいんじゃないの~」とかなり自由度の高い内容になっておりました。

富山は3世代同居世帯が多く、代々秘伝の?レシピが息づいている地域と言えるのではないでしょうか?
お嫁に来た頃は、実家で食べていた澄んだ鶏出汁の雑煮が恋しかったけれど、今ではごたごたで、魚ほぐし身がわっさりと餅についた雑煮に慣れました 😛

日の出屋のお餅、マルジュウのすり身、梅かま、尾崎かまぼこ、生地かまぼこなど専門店の赤巻きかまぼこ、あなん谷の醤油、飯沢味噌醤油店の醤油など地元食材を使用することが富山風お雑煮を再現するキーポイント。ここをケチると何だか滋養に富んだ味にならない

 

まとめ

富山県のお雑煮は個性的ですね。
元旦に食べるものなので、なかなか他の家の雑煮を食べる機会がないのがもったいない(;´∀`)
作り方レシピもある意味、尋ねなければ門外不出。

富山でお雑煮を食べられる店やスポットも気になるところなので今後チェックしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です