定年後に趣味がない人へ生きがいUP!男性におすすめの趣味ランキング

仕事一筋で昭和と平成を爆走してきたお父さんたち。
気がつけば、人間関係は仕事中心になっているのではないでしょうか?

定年後、目の前に広がる自分の時間に戸惑う人も多いですよね。
せっかくの時間を楽しく過ごしたい。
できればその趣味が生きがいUPにつながるといい。

でも、この趣味探しが意外に大変!

 

スポンサーリンク

定年後の趣味はなんですか調査

楽器  カメラ  庭いじり 家庭菜園  盆栽  書道 自転車  料理 そば打ち テレビ鑑賞 喫茶店 読書 社交ダンス 筋トレ テニス 登山 水泳 ゴルフ ウォーキング ヨガ 美術館めぐり 釣り 資産運用 ボランティア 映画鑑賞 日曜大工

まあ、いろいろあります。しかし、この趣味たちよーく見てみると向き不向きが恐ろしいほどはっきりしている!

自分の属性や特徴に合わない趣味を選んでしまうと、結局「趣味が無い」という状況に逆戻りしてしまうんですね。

なんでもいいわけではなく、自分の性格や人生を振り返って選択する必要があります。

趣味探しのチェックポイント

・金銭的に余裕があるか
・団体行動に抵抗が無いか
・趣味を副業にしたいかどうか
・居住している地域の特徴

あと、注意してほしいのが、定年後と一口に言っても健康でいられる時間は無限では有りません。
今、日本男性の平均寿命は81歳くらいですが、81歳までアクティブにいられるシニアは増えてきているものの大抵の場合は70代に入ると認知力や行動力は徐々に低下していくのです。

看護師として高齢のシニアの皆さんと接しているとわかることなのですが、自分の体や経済状況に合わせて柔軟に趣味を切り替えていった人ほど元気でリア充です。
自分をどうやったら長持ちさせれるか考えている人って意外と多いんですよね。

TV鑑賞も立派な趣味と心得よ。

 

スポンサーリンク

 

 

定年後におすすめの趣味ランキング

第1位 料理系

そば打ちなどでもいいですが、自宅で外食メニューを再現する人、節約貧乏飯を工夫している人などそれぞれの楽しみ方ができるのが魅力です。

また食を通して人と関わることができるのもおすすめポイント。

あ、自宅でする場合はきちんと片付けまでしてくださいね。
料理は好きだが片付けは嫌いという人、実はとっても多いんです。奥さんや子供さんと料理趣味が原因で喧嘩になってしまう場合もたいていが「片付けしないから」

ブリ江
インスタグラムやツイッターに何気なく投稿して見るものおすすめです。いいねに元気が出るし、アルバム代わりにも

 

第2位 筋トレ ジム通い系

ジム費用は選ぶジムでピンきりですがシニア割引があり多彩なスタジオクラスがあるので飽きませんよ。
ドクターが常駐している病院併設・健康診断がセット担っているジムや、ミストサウナ・温泉付きのジムなど定年後の体にもお財布にも優しい趣味です。

はじめはジャージーで始めたけれど、引き締まっていく自分のボディへのご褒美にウエアを買うのも楽しいという人も。
仲間もできるし、オフ会などジムを飛び出したお付き合いが発生しやすいです。

寝たきり予防には貯金ならぬ貯筋ですよ。

 

第3位 家庭菜園・釣りなど食材確保系

家庭菜園→農耕
釣り→狩猟
実はこの2つの趣味は田舎だと、両方掛け持ちで好きだという人が多いです。
自宅の裏庭を大々的に耕しちゃう人、プランターで可愛いい系野菜を作る人など楽しみ方は様々。
釣りだって、海に釣り糸を垂れる王道の釣り人もいれば、、、、ホタルイカのシーズンのみホタルイカ掬いに出動するシニアも。

この趣味は非常に面白いですよ。 活用範囲が広いんです。
・食材確保できる(苗など意外に高いので食費を節約というよりは美味しいものを食べられるという意識でお願いします)
・作ったり釣ったりした食材はおすそ分けすると非常に喜ばれる
田舎ではわらしべ長者みたいに違う食材で帰ってくる場合も多いです。
・メルカリで販売
(メルカリでは農作物や添加物を使わないドライフードは個人でも販売できます。)

 

息子
俺はじいちゃんのつくる野菜は食えるけどスーパーで買ったやつはだめなんだ
作ることを始点として広がる第二の世界に注目

 

スポンサーリンク

 

趣味は一つを選んで極めるものではないと考えるほうが良いです。
特に定年後からデビューしようという場合、最初はいろんな物を少しづつかじっても良いんです。
自分に合うのもを探すためには実際に飛び込んでやってみることが一番!

それに、相性の良い趣味というものが存在します。

家庭菜園→料理❤

楽器→老人ホームの慰問ボランティア❤(夏祭りやクリスマス会では楽器演奏をしてくれる近所の人は引っ張りだこです)

景勝地めぐり・美味いものめぐり→インスタ❤→カメラ❤

ハイキング→カメラ❤

筋トレ→オフ会❤(飲み会もあれば、登山やハイキング、花見なども)

ブリ江
もう、企業戦士でも管理職でもありません。一人の男性として自由になれちゃうんです。趣味の世界では正直、定年前の職業の話はご法度です。

 

編み物王子?

男性で編み物が趣味ってどうなんでしょう?女性の老後の趣味の人気ランキングでは常に上位ですが、実は男性にもおすすめ。
女性陣に混じって編み物サークルでとても楽しそうに活動している方もいます。
男性ならではのセンスが結構いいんですよー。しかも、女性9対男性1くらいの比率なのでモテます。正直モテモテです。

孫育て?

孫のお世話が趣味という方も。葉っぱで虫を作ったり、外で遊ばせたり。コツはお金ではなく、体を使うこと!じいちゃんたちが子供の頃は…という話も大好物です。
家庭菜園などを孫に見せるのも立派な孫育て趣味と言えるのではないでしょうか?
コツはお金ではありません。お金を使ってしまうとろくなことになりません。

定年後デビューにおすすめしない趣味は?

定年前から続けてきた趣味であれば問題ないのですが、定年後から開始するには向かない趣味もあります。

 

ゴルフ

企業戦士だったときに散々接待のために練習してきた人が、定年後に手持ちの道具と知り合いのゴルフ仲間と悠々自適に楽しむケースが多い。
だから、定年後からビギナーとして開始するにはハードルが高いんです。
(費用的にも、道具もウエアも高いですし、コースを廻ると1万円はかかります。それに、周りが経済的に余裕のある人ばかりなので付き合いも結構高額に)

 

テニス

シニア歓迎というスクールやサークルがあればチャレンジしても良いと思いますが、確実に膝や腰、肘には負担がかかります。
体を動かしていない状態から一気に始めるにはある意味危険かも。
60代くらいになると、40代、50代でテニスを趣味としていた人たちが「先生。膝が痛いんですよ。もうテニスはやめようかな」と受診してくるのも事実。

資産運用

こちらは、余剰資金がありかつネット環境が使える方向け。
頭も使うので「現役感」も味わえます。実際に配当や優待が目に見える形で成果として現れるのも面白い。

シニアトレーダーも増えていますが、定年後に運用を開始しても運用できる期間って限られていますよね?
長期での運用が難しいと、短期で運用するものやデイトレードなど即断を求められる内容の投資が多く、熟考が得意なシニアにはやや不向きです。

60代位以降のポートフォリオは現金の比重を多めにしておかないと、いざというときに身動きが取れなくなってしまうので要注意ですよ。

 

飲食店経営や趣味の店の開店などは慎重に。夢はありますがリスクも大きいです。金融機関から融資を受けにくい(受けられない)ということもあり資金ショートで手持ちの資金をすべて溶かしてしまうケースも実際にあります。

 

 

まとめ

今、40代くらいから老後を見据えた趣味探しをする人たちが増えています。
でも、実際に定年を迎える時期まで趣味がなくても、一つも恥ずかしいことじゃないと思うのです。

一生懸命に働いてきた事自体、尊敬に値するじゃないですか。

まず、やってみることですよ。

私もジム仲間に定年後シニア世代の方が多数いますがとても素敵な人達です。
愉快で豪快。そしてときにセンチメンタルで愛しい男性陣ですよ❤
そして多趣味。私も将来そうなりたい。

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です