たら汁(鱈汁)が美味しい時期は?富山で人気の簡単レシピや作り方を紹介!

皆さん、たら汁(鱈汁)ってご存知ですか?

富山県朝日町の名物ご当地グルメは【たら汁(鱈汁)

国道8号線沿いには数キロの間に多数のたら汁レストランがあるという。
通称 【たら汁ロード・たら汁街道・たら汁ストリート】まで存在します。

なぜにそんなにたら汁(鱈汁)大好きなのか?
美味しいからです!

今日はたら汁について理解と期待を深めてください(^^)。

たら汁を愛してやまない地元民が簡単で人気のたら汁レシピを公開します。

スポンサーリンク

 

たら汁(鱈汁)とは?

ぶつ切りにした鱈の肝まですべてを入れた味噌汁のことです。

たら汁に使用するのはスケトウダラ。
マダラよりも小さく、卵はタラコとして利用します。

水分が多く、身は繊維質なので腐りやすい。
劣化するとアンモニア臭がするので出荷しにくかったそうです。

昔、たら汁は浜の漁師めしだったんですね。

富山県朝日町のたら汁は秘密のケンミンショーにも登場しました。
昔は郷土料理、今は名物料理です。

ただ、地元ではスケトウダラの漁獲が減っています。
伝統を絶やさないため一部の材料は北海道などから仕入れているそうです。

たら汁(鱈汁)が美味しい時期はいつ?

たらは漢字で「鱈」
魚へんに雪です。

1年中水揚げされますが、一番美味しいのは
とくに、10月から12月

産卵を控えて白子と卵が成長した状態になるためです。

寒い冬に温かいたら汁をごくっと飲めば、身も心も温まるわけですね。
鱈そのものの美味しさはもちろん、頂く側にも準備が必要ということでしょうか。

地元民が教える富山で人気の簡単レシピ・作り方

 

〈材料〉

  • スケトウダラ1匹白子・卵・キモも入れます
    ※切り身は使いません。1匹まるごとが鉄則です。
  • ゴボウ ささがきにしておく
  • ネギ 輪切り
  • 味噌
  • 好みで木綿豆腐(基本は不要)

〈作り方〉

  1. 鱈ははらわたを取って、5センチほどのぶつ切りにする。
  2. 鍋にささがきにしたゴボウを入れて沸騰させます。
    (ダシは鱈から出るので不要)
  3. ぶつ切りにした鱈と白子・卵・キモを入れて煮立てます。
  4. 煮立ったら味噌で味を整えネギを入れる。

しっかりと具が入っているのでボリュームがあります。
汁物というよりはおかずも兼ねる感じです。

味噌を入れる前にとりわけして離乳食にもおすすめです。

スポンサーリンク

 

富山県朝日町・たら汁街道のおすすめの店

栄食堂

  • 所在地 富山県下新川郡朝日町境647-1
  • 電話番号 0765-83-3355
  • 営業時間 朝7時から22時
  • 定休日 第4月曜日定休

国道8号線沿い、境(西)の信号付近です。
店の壁に大きく栄食堂と書かれております。
鍋ごと出てきますよ。迫力満点。

ドライブインきんかい

  • 所在地 富山県下新川郡朝日町境25-1
  • 電話番号 0765-83-1870
  • 営業時間 朝9時から23時
  • 定休日 第2木曜日定休

国道8号線沿い。
すべての定食の味噌汁がたら汁に変更できます。
車椅子対応可能です。
(写真はきんかいのたら汁定食1100円です)

たら汁街道についてもまとめています。
富山県朝日町たら汁街道(鱈汁街道)おすすめランキング!マップで紹介

 

まとめ

いかがでしたか?
自宅で作ってみるもよし、たら汁街道に旅行しに来るもよしです。

ポイントは、スケソウダラを使うこと。
まるごと1匹使うことです。

 

 

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です