おわら風の盆の攻略方法や楽しみ方!踊り方教室やお土産・食べ物も紹介!

哀愁に満ちた胡弓の音色とロマンティックな歌詞
日本舞踊にルーツを持つ風雅な踊り

ぜひ行ってみたい!
富山県八尾町「おわら風の盆」

地元民がひと足お先に前乗りして攻略方法や楽しみ方を考えてみました。

踊り方が習える場所やお土産、街歩きに嬉しい食べ物の紹介も!

 

スポンサーリンク

 

 

おわら風の盆とは

富山県八尾町に残る年中行事。
立春から数えて202日目に風を諌めるために行う五穀豊穣祈願の祭りです。

盆はお盆ではなく、富山弁で休日を示す盆日(ボンジツ)に由来しています。
盆踊りではありませんよ。

哀愁のある胡弓や三味線の音色と日本舞踊に起源を持つ艶やかな踊り、伝統あるおわら節が目玉です。

 

おわら風の盆!攻略方法と楽しみ方の提案

人口2万人の小さな町に3日間で26万人が押し寄せます。
しかも、11の町内という狭いエリアに。
混雑も半端ではありません。

1・時間をずらそう作戦

おすすめは9月1日の朝から八尾入りすることです。
家々に幕をかけ、打ち水をする様子、なんとなく浮き立つ町の様子が見られます。

曳山展示館とおわら資料館で八尾という場所やおわらについて予習をしておきましょう。

交通規制が始まる前に町を一旦出て、スポーツアリーナか夢の森テニスコートの駐車場へ。
シャトルバスで町内に引き返します。

後は街流しを楽しみましょう。

 

2・深夜から明け方に行こう作戦

これは夜というより、3時から4時の明け方が狙い目。
2時台はまだ混雑しています。

なお、店はしまっているのでショッピングや食事はできません。

おわら風の盆は23時で一応の終了を迎えます。
25歳以上・既婚女性は揃いの浴衣が着れないので自前の浴衣で23時以降に踊っています。
町内ごとに揃う浴衣が見たいのであれば23時までに行くしかありません。

 

3・混雑上等!おわら風の盆らしいおわらを見たい正統派作戦

迷わず、諏訪町を目指してください。
おわらのポスターはほとんどこの町内です。

石畳の坂道があり、街灯が埋込されているのは諏訪町のみです。

「のこしたい日本の音百選」のえんなか(溝)の水の音も聞こえます。
地元ではこれも楽器の一部という人がいるくらいです。

 

4・雨の日を攻略しよう作戦

雨具とシューズは山歩き用のゴアテックス素材がおすすめ。

おわら風の盆ですが、大嵐にならない限り中止はめったにありません。
雨天の場合は中断という形で各町内の公民館に引っ込みます。
特に楽器類が自前&高額なので絶対に濡らせないため、小雨でも外での流しは行いません。

雨の晴れ間を待つ感じになります。

各町内の公民館の場所はチェックしておきましょう。

 

5・おわら風の盆「前夜祭」を利用する作戦

これは混雑がひどくなってしまったおわら風の盆「本祭」を回避する方法です。

毎年8月末に行われます。
2018年は8月20日から30日まで。

午後18時半より八尾曳山会館のホールでステージを見た後、午後20時から各町内での輪踊りと街流しを見ます。
ステージ鑑賞の前に踊り方教室が開かれるので、一緒に踊りに参加することができます。
踊りに実際に参加できるのは前夜祭のみの魅力ですね。

日にちによって11の町内が持ち回りで行います。
おすすめは、やはり諏訪町の登場する日です(*^^*)

ステージはローソンチケットから予約してください。1500円です。

なお、前夜祭の日は町民広場に1台1000円で駐車します。
八尾曳山会館まではきつめの坂で、距離もありますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

八尾町 まちあるき おすすめの食べ物やお土産

越中八尾観光協会 曳山会館

一通りのお土産が揃っています。
おわら風の盆限定ハローキティはここで購入。


公式ガイドブック、大人の塗り絵・CD・歌詞帳など面白いラインナップです。

〈八尾曳山展示館〉

  • 所在地 富山県富山市八尾町上新町2898−1
  • 電話  076-454-5138

水上味噌製造元

冷やし甘酒200円(みそせんべい付き)がおすすめ。
米と塩のみで作っていることが信じられない上品な甘み。

味噌と醤油の販売も。あんばやし味噌を購入してこんにゃくにつけるのもいいですね。

〈水上溝醸造元〉

  • 所在地  富山県富山市八尾町上新町2898−1
  • 電話  076-454-5138

長江屋豆腐店

夫婦で営んでいる小さなお豆腐屋さん。
富山県産大豆を使用し、丁寧に作ったお豆腐はほんのり甘くてデザートのよう。

おすすめは豆乳250円。


濃厚で、シチューのようなとろみ感です。
その場でストローを刺してもらえます。

〈長江屋豆腐店〉

  • 所在地 富山県富山市八尾町諏訪町2617−1
  • 電話 076-454-7372

 

玉旭酒造

おわら風の盆をテーマにしたお酒が多数あります。
飲んでしまうのがもったいないような素敵なパッケージ。

ワンカップもありますが飲み過ぎには注意してくださいね。

〈玉旭酒造〉

  • 所在地 富山県富山市八尾町東町2111
  • 電話 076-455-1331

 

こどもや村井商店

駄菓子が所狭しと並ぶ懐かしのスポット。
こどもはとても喜んでいました。
大人も童心に帰ってぜひ。

500円もあればビニール袋いっぱいの駄菓子が買えます。

おばちゃんとの会話も楽しい

〈こどもや村井商店〉

  • 所在地  富山県富山市八尾町東町2082
  • 電話 なし

 

おわら玉天本舗

おわら玉天はとても変わったお菓子。
初めて食べたのに懐かしい感じです。

おわら風の盆の日は午前中で売り切れるそうですよ。
なお、日持ちは1週間ですが、潰れやすいので要注意です。

〈おわら玉天本舗〉

  • 所在地 富山県富山市八尾町東町 八尾町東町2227
  • 電話 076-454-3073

 

手打そば高野

4代目になる伝統ある蕎麦屋。
暑いときは冷たい蕎麦が美味しい(*^^*)

八尾は蕎麦屋が多く、そば少兵衛や風庵もあります。
いずれも食べログさんなどでのレビューの高い店です。

〈手打そば高野〉

  • 所在地 富山県富山市八尾町西町2232 2
  • 電話 076-454-2161

 

桂樹舎

八尾の手漉き和紙の工房・喫茶・物販です。
シックな建築でゆっくりできます。

入り口にはパピルスが植えてありました。
初めて見たよ、生パピルス。エジプトに行かなくてもいいんだ。

和紙製品はハンドクラフト感あふれる可愛らしいデザインです。

 

〈桂樹舎〉

  • 所在地 富山県富山市八尾町鏡町
  • 電話 076-455-1184

 

よしかや(よしだ焼きそば店)

地元のガイドさん・観光協会の方双方からおすすめされたのが「よしかや」
かき氷は八尾町民のおやつなんだそうです。

〈よしかや〉

  • 所在地 富山県富山市八尾町上新町 八尾町上新町2797−1
  • 住所 076-454-2262

 

 

まとめ

攻略方法や楽しみ方は人それぞれ無限大ですね。

踊り方を習って実際に踊り、食べ物で八尾を味覚でも楽しむ。

11町内は運動嫌い女性が子連れでのんびり歩いても2時間かかりませんでした。
おわら風の盆当日は混雑するのでもっと時間はかかると思います。

なお、おわら風の盆のお土産やグッズは富山空港や富山駅前CIC内のととやま・池田安兵衛商店が充実しています。
グッス狙いの方はそちらへも足を運んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です