富山産の美味しいお茶の種類おすすめ5選!お土産や専門店も紹介!

 

お茶の名産地といえば、埼玉県の狭山茶や静岡県の静岡茶、京都の宇治茶などが有名ですが
実はお茶はあちこちで作られています。

富山県にもおすすめの美味しいお茶ありますよ

お茶はカロリーや、塩分、糖分などが少なく(もしくは非常に微量)
日常の水分補給にはちょうどいい飲み物。
年代を問わず、お土産にすると大変喜ばれますよ(*^^*)

今日ご紹介するのは、美味しさはもちろん、
富山県の気候と風土が生み出した、珍しいお茶ばかりですのでぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

 

富山県の美味しいお茶事情について

お茶の北限地は新潟県村上市です。
村上茶は甘みの強いお茶として有名ですよね。

富山県も、春先の寒暖の温度差が激しく日照時間が短いため、
タンニンの含有量が少なく、渋みの少ない、甘みの強いお茶になります。

富山県では3ヘクタールほどお茶が生産されています。

 

富山県の美味しいお茶の種類・お土産におすすめ5選

1・富山棒茶

こちらはほうじ茶ですね。

100gで1080円程度。
お隣石川県では加賀棒茶が有名ですが、富山に来たら富山棒茶
ホットでも水出しでもOKです。
ティーパックもあり使いやすいです。

夏の水分補給はこれを使っています。

カフェインレスで赤ちゃんや妊婦さんにもおすすめです。
肝心の味ですが、ホッとする感じのほうじ茶。
加賀棒茶に比べて渋みが少ない分ライトな味わい。

こちらは富山のお茶専門店藤岡園さんで購入出来ます。
アピタやマリエといったショッピングセンターにも店舗があります。
お茶を使ったスイーツや、富山のショップとコラボした商品もあり面白いです。
さすが専門店と言った品揃えで、日常使いのお茶を買うときにもGOOD。

2・氷見はと麦茶

こちらははと麦茶。

氷見農協さんで作っています。
ペットボトルとティーバッグがあります。
ペットボトルは年間200万本を売り上げるヒット商品なんですよ。

富山の駅弁とセットで買ってください(*^^*)

氷見という場所は粘質の湿地帯で米の転作に麦や大豆が作れない場所です。
そのため、転作作物としてはと麦栽培が盛んになったそうです。
1本に付き5円を市に寄付して市の福祉の活性化にも役立っています。

味は香ばしく、少し甘みがあります。
口に含むと、香ばしいはと麦の味が、口の中いっぱいに広がります。

美肌効果もありますよ。

注意:はと麦茶は妊婦さんは飲まないほうがいいです。
カフェインは入っておりませんが、成分のヨクイニンには子宮収縮作用があります。
早産リスクにつながるので、授乳が終わってからどうぞ。

 

3・あさひの紅茶

 

こちらは紅茶です。
しかも、国産の和紅茶
最近では地紅茶とも言われておりますね。

価格は生産量が少ないため740円とやや高価です。

こちらは、バタバタ茶用の畑で収穫された茶葉を使っています。

外国産の紅茶と違い、飲んだ感じは柔らかくて穏やかな風味。
ご飯や、和風のおかず、和菓子にもよく合います。

砂糖などを入れずに、楽しんでいただきたいですね。

こちらは富山紅茶の会さんで作っております。
実店舗はないですが、朝日町なないろKANや魚津市の藤吉などで購入可能。
ホームページからの通販も可能です。

お写真の左側にも写っておりますが、富山県にもあちこちにお茶畑がありまして、
りんごが入ったものなど、バリエーションも出てきているので、今後注目です。

 

4・バタバタ茶

 

こちらは富山県でしか飲めません
まさに、ご当地名物茶ですね。

茶葉は100gで648円
ペットボトルは1本140円程度です。

黒茶という日本では珍しい発酵茶の分類に入ります。
コクがあり、プーアール茶に似ています。

ペットボトルタイプは味が、本当に煮出したバタバタ茶とは異なる印象のため
個人的には、茶葉のほうがおすすめです。

バタバタ茶は、朝日町の蛭谷地区の人達が文化として守り抜いてきたもの。
富山の文化を、味で感じられるお茶です。

伝承館バタバタ茶の詳しい効能や作り方についてはこちらで紹介しています。
富山県朝日町伝承館のバタバタ茶とは?効能や作り方を紹介!

 

5・八尾の桑茶 桑の葉茶

 

 

ティーパックは6パックで300円、12パックで500円です。
ペットボトルは1本150円。

おわら桑つみ茶」という名前で販売されています。

ノンカフェイン。
妊婦さんも大丈夫です。

味はやや青臭みのある(苦味?)感じで独特の香りがあります。
なんだか、健康に良さそうな味と香り。
好みの分かれるところだと思います。

こちらはおわら風の盆で有名な八尾町の名産品。
おわらの歌詞にも桑を唄っているのです。
八尾町は古くより養蚕で栄えていたという文化が感じられますね。

こちらも、富山の文化を味で感じられるお茶です。

 

今回は5選といたしましたが、あまりに惜しいので他のお茶も紹介しておきます。

  • 魚津の麦茶
    蜃気楼で有名な魚津市で作られている昔ながらの麦茶。
    煮出しタイプは紙の袋に入っておりレトロな雰囲気。

    販売量が少ない幻の麦茶。魚津の藤吉さんで買えます。
    ノンカフェイン。
  • メグスリノキ九宝茶
    メグスリノキ茶ですね。
    樹皮の爽やかな味。独特ですがブレンドもあるので珍しいものを試したい方。
    つるぎ味蔵さんで買えます。通販もあります。
  • モロヘイヤ茶
    富山の大山名産のモロヘイヤで作られています。
    独特の香りと、まろやかな味。
    粘りはありません。念の為。
    草の味というか、、、あっさりしています。ノンカフェイン。

    スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

富山の文化を味で感じられる素敵なお茶の数々。
通販で取り寄せるもよし。
駅弁とペットボトルを買うもよし。

地元のグルメを食べる際は、地元のお茶が合いますよ(^o^)

 

 

 

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です