黒部名物水だんご(水団子)とは?作り方と食べ方、冷凍方法も紹介

子供の頃の思い出。
優しかったおじいちゃん・おばあちゃん。
思い出すたびに登場するのは、懐かしいあの味。

誰にだって、心の中にあるソウルフード

黒部名物水だんごは富山県黒部市の銘菓です。
しかし、この銘菓は絶滅危惧種なのです。
ふるさとの味を絶やしてはもったいない。

一体、水だんご(水団子)とはどのような食べ物なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

黒部名物水だんご(水団子)とは

黒部で、夏の風物詩といえば、水だんご
郷土料理の1つで、昔は各家庭で作られていたそうです。
今は、家庭で作る方も少なくなりました。

黒部は北アルプスから流れ出る水が生地地区に清水(しょうずと読みます)になって豊富に湧き出ています。

地元の人たちは清水を大切に管理し、今も飲料水や炊事・洗濯に利用しているんですよ(*^^*)

20箇所ほどが現役の清水です。

水だんごは、コシヒカリの米粉しか使わず、打ち粉には片栗粉を使用します。
冷たく澄み切った清水で洗い上げ、少し甘じょっぱい青きなこをまぶして食べます。

お年寄りの方は、ミズダゴと発音されることが多いですね。
昔は「水ダゴ屋」があちこちにあったそうです。

清水があったからこそ、受け継がれてきた文化の味。

白玉に似ていますね。
でも白玉ほどもちもちはしておらず、
しっかりと米のほんのりと甘い味がするのが特徴です。

 

水団子の作り方

作り方は富山食の匠・惣万陽子さんが公開しておられます。

〈水だんごの作り方〉

  1. 上新粉に熱湯を少しずつ加えながら、耳たぶくらいのかたさになるまでよくこねる
  2. 蒸し器によくぬらした蒸し布を敷いて、適当な大きさにちぎって入れ20分ほど弱火で蒸す。
  3. 蒸しあがったら、餅つき機で3~4分つく
  4. つきあがったら、片栗粉をつけ温かいうちに太さ2.5cmの棒状に伸ばし、2cmの長さに包丁で切る。
  5. 水でよく洗い冷たく冷やす
  6. きな粉に砂糖、塩を混ぜる。
  7. だんごにきなこををかけてできあがり。

結構、手間暇がかかりハードルが高いですね 😕

水だんご(水団子)の入手先

水だんごの元祖は2012年に閉店した「河田屋」さんです。
魚津市にある「藤吉」さんがレシピをすべて引き継いでいます。

このシールも立山連峰と稲穂を模した由緒ある紋章。

切ってありますので後は水で洗って食べるだけ。
300円

こちらは黒部・吉田地区のカネソ食品興行さんのです。
30年ほど前から作っているそうです。


棒状なので切って食べます。
200円ほど

知る限りではこの2店舗のみでの販売です。
購入は県内、アピタなどのスーパーマーケットで購入できます。
藤吉さんの店頭にもありますよ。(カネソ食品興行さんは卸売りのみです)

6月から9月頃までの製造販売です。

まさに絶滅危惧種。

〈魚津ご城下の台所 藤吉〉

  • 住所 魚津市中央通り2-8-8
  • 電話 0765-32-4249
  • 火曜日定休日

 

スポンサーリンク

 

水だんご(水団子)の食べ方

1口大に切って水洗い後きなこをかけて食べるだけ。
簡単。

余ったら、味噌汁に入れてだんご汁にします。
小豆をかけてぜんざい風にしたり、みたらし団子風にして食べる人も存在します。

水だんご(水団子)の冷凍方法と解凍方法

水だんごは無添加のため日持ちしません!
(付属のきなこには着色料など添加物が入っています)

なので、余った場合は買った当日に冷凍します。
冷凍では1ヶ月の日持ちです。

冷蔵すると固くなるので、即冷凍で。

解凍方法は沸騰したお湯に団子をいれます。
浮いてきたら水で冷やして食べます。

個人的な見解ですが、やはり、冷凍すると味・食感は生に劣る気がします。

まとめ

黒部名物の水だんご(だんご)はやっぱり絶滅危惧種です。

黒部市内にも、美味しいケーキやさんやアイス屋さんが次々に登場しており、もはや夏の風物詩が水だんご(団子)だけのものではないのです。

でも、朗報もありますよ。
河田屋から水だんごを引き継いだ魚津の藤吉では水だんごパフェを開発しています。
水団子が10個以上たっぷり入っております。

出典:sakura日和

形を変えても郷土の味として残っていってほしいですね(*^^*)

追記 水団子パフェは道の駅生地、黒部牧場でも販売を確認しました!

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です