リビングウィルとは何か?目的や問題点、書き方を看護師が解説。例文も。

皆さん、自分が死ぬときの事を考えたことはありますか?
私は看護師という仕事柄、多くの患者さんの最後に立ち会わせていただいております。

自分の最期について自分の意思を残したい。終活、エンディングノート、遺言書などいろいろな表現方法があります。
でも、実際に田舎の急性期病院、慢性期病院で働いてみると、リビングウィルを見る機会ってあまりないんですよ。
現場は患者さん本人の意思より家族の意向や都合で動いているなあと思うこともしばしば。

今日はリビングウィルとは何かについて現役の看護師が解説していきます。
非常にデリケートな問題でもあるため、賛否両論ありますが参考になればと思いますのでよろしくおねがいします。

 

スポンサーリンク

 

リビングウィルとは何かを簡単に説明すると

 

LIVING→生きている WILL→意思
辞書的には「重病になり自分自身では判断ができなくなる場合に、治療に関しての自分の希望を述べておく書類、特に、医師たちに治療を中止し死ぬにまかせてくれるよう依頼する書類」です。

 

これを現役看護師の言葉で言い換えると、「生きるための意思。自分自身が伝えることができなくなったときに、自分の代わりに人生の最期をどう生きたいと思っているかを伝える意思を書いたもの」です。

 

生前遺言書・事前指示書などと言われることもありますが、日本において法的に効力のある遺言書とは異なります。
遺言は自分の死後について書き記しておくものですし、実際に執行されるためには公正証書としての体裁と、実現のための費用が整っていなければ効果の発動は保証されません。

エンディングノートの延命治療はどうするか欄との違いですが、希望を書き記すという点では同じです。
エンディングノートは自分自身の人柄や財産など包括的に書きますが、
リビングウィルは主に終末期の医療的なケアをどうするかということを書くということに違いがあります。

実際に患者さんや家族さんに聞いてみるとリビングウィルは自分が自分の意思を伝えられなくなったときどうしてほしいのかをあらかじめ書き記しておこうという書類として理解されています。
多くの人がリビングウィルを書く目的も然り。「最期まで自分らしく」「苦しい思いをしてまで生きながらえたくない」など望まない医療を受けないことも自身の意思なのです。
まあ、知っているけど書かなかった、書けなかった、書いたけど実現されなかったというケースのほうが多い所感です。

ちなみに病院ではDNRとANRという言葉があり、「万が一のときに救命措置を行うのか、行わないのか」という確認を行います。
でも、これは高齢者が患者の場合、大抵は家族に聞いていますね。
本人に聞いたのを見たことは私はほとんどありません^^;

 

リビングウィルの欠点と問題点

尊重することはガイドラインで定められているが法的な拘束力があるとは限らない

射水市民病院の呼吸器取り外し事件は大きく世間を騒がせましたよね。あのときリビングウィルが存在したらあんな大事件にはならなかったのでは無いかと思います。結局ドクターは不起訴処分になりましたしね。
「苦しいのをとってほしい」という言葉が例え書かれていたとして、人工呼吸器を外すことが安楽死に当たらないのか。
世の中にはいろんな意見を持っている人が存在するので、絶対的100%の正解はありません。

ましてや、患者さんを取り巻く家族の意思などもあるため、リビングウィルの内容が実際に実現されるかは難しい問題だと思います。

 

リビングウィル自体あったのに、誰にも気づかれなかった

外で脳梗塞などを起こした場合や交通事故の場合などリビングウィルがあったのに誰も気が付かず、本人の死後に実はリビングウィルが存在したことがわかったがどうにもできなかった。
高齢者で「手紙があるから」と常々言っていたが、軽度の認知症も入院後出てきていたため場所がわからず家族が見つけられなかった。

ああ、もったいない。

 

いつ書いたものかわからず、「本当にそれでいいのか」周りが悩んだ

癌になる前に書いたと推定されるエンディングノート。日付なし。延命治療はしないと記載されていたが、終末期に入ってから患者本人は「死にたくない」と繰り返し言うようになった。一方で「苦しみたくない」とも言うため、家族はどうしていいかわからなくなってしまった。

特にエンディングノートを20代、30代、40代でも書く人が増えていますよね。
せめて書きっぱなしにするのではなく、数年に一度見直しをして新しい日付をいれていくべきですよ。

リビングウィルや事前指示書を健康な時に書く人は非常に稀です。
現代ではエンディングノートのほうが自分の意思を示すのにはお手軽なため普及していますが、延命治療をどうするかという欄に関しては内容が薄っぺらいものが多いのが残念です。

 

リビングウィルは存在したが、家族がリビングウィルとは異なる治療を望んだ

労災認定を持っていたため年金額が多かった患者。患者本人は昇圧剤などの延命を拒んでいたが家族は猛反対。少しでも、1分1秒でも長生きしてほしいと医師に訴えた。

親の年金が生活費となっている場合、子供世代も必死で延命を望むこともあるのです😨

 

リビングウィルがざっくりしすぎていて、実際の終末期には役に立たなかった

エンディングノートの延命治療はどうするかというページがあり、そこにチェックを入れる形で意思を残していたが、実際の終末期治療においては人工呼吸器よりも、昇圧剤や透析治療などを必要とするケースが多い。点滴も高カロリー輸液を実施すれば寝たきり状態でも長生きできるため点滴をどうするかも重要な項目なのだが…。

また、書き方のポイントのセミナーの種類によっては備忘録としての側面を重視している講師も多いため延命治療についてはよく説明されていないと感じます。

 

家に帰りたい

本人が自宅での看取りを望んでいるが家族の仕事や介護力の不足、死への恐怖感から自宅に連れて帰れないという場合も多く見られます。
その場合は短時間の外出からは始め、訪問看護師同行で外泊など少しでも望みが叶えられるように配慮しています。

 

スポンサーリンク

リビングウィルの書き方と例文

ポイントと例文は看護師である私が考えるリビングウィルの書き方です。ご利用は自己責任でお願いします。表現に関しては賛否両論あると思いますが、リビングウィルを知ってほしいという思いで書いておりますので、多目にみてくださいネ。

リビングウィルを書く前に整理しておきたいこと】

・今の健康状態 健康なのか何か持病はあるか
・家族との関係性 自分が金銭的に扶養している家族や疎遠になっている家族はいるか
自分の意思を尊重してくれるだろうか?

これはNGです】

・「障害が残らなければ救命してほしい。元気でいられるなら延命してほしい」というのはNG
そんなことは医者にもわかりません。意外と、こういう人いるので書いておきます。

・苦しまないようにしてほしい だけはNG

書き方・作り方のポイント

1・どんな状況になった時にリビングウィルを使ってほしいのかを明示する
例文:私が自分で意思を伝えられなくなったとき
認知力が低下して、正常な判断ができないと思われるとき
意識が朦朧としているような状況下で救命について緊急の判断が必要なとき

2・具体的にしてほしくない治療があるのであれば明示する

例文:口から食べられなくなったとき、胃ろうは作らないでほしい
高カロリー輸液はしないでほしい
自分で呼吸できないとき、人工呼吸器はつけないでほしい
人工透析はしないでほしい

3・自分の思いを簡潔に書き添えておく
なぜ、このリビングウィルを書いたのか、近親者が理解しやすいように配慮しておくと良い
例文:父親も口から食べれなくなり老衰で亡くなったが穏やかであった。自分自身も人間としての最期は自然に任せたい。
子どもたちも大きくなり独り立ちしており自分のつとめは果たしたので自分の意思を尊重してほしい

4・リビングウィルが十分に判断力のある状態で書かれていることを明示する
例文:私はこのリビングウィルを意識がはっきりしており判断力もある状態で、心穏やかに、よく考えて書きました。

5・作成日と署名は必ず手書きで。
1年毎に、日付と署名を付け足して「意思に変わりがないこと」を明示しておこう

6・できれば家族にリビングウィルを公開し、家族からも自署で署名をもらっておくこと
例文:私〇〇(長女)は平成◯年◯月◯日にこのリビングウィルに同意し実現できるよう最大限の努力をします。

7・持病がありかかりつけ医がいる場合、持病が悪化した場合に予測される延命処置や治療について聞いておこう
特に、糖尿病や脳梗塞など意思表示が難しくなる状況が予測される持病の場合は要注意です

ブリ江
エンディングノートに記載するときも、これらのポイントが網羅されているか自己チェックしてみてね

 

日頃使うもの、例えば財布や免許証にリビングウィルがあること、場所を記載しておく。小さくコピーして入れておくなどはとても重要です。

 

父のリビングウィルを雛形として公開

これは、私の実の父親のリビングウィルです。
父の思いをたたき台に家族で話をして作成しました。
母は延命治療をしないということには正直同意していません。
「生きれる命なら何が何でも生きてほしい」というのがその理由です。ですから、父に万が一のことがあった場合このリビングウィルが十分に効力を発揮するかは正直わかりません。(私は遠方に嫁いだので、病院に真っ先に到着して治療の提案を採択するのは母なので)

ただ、万が一のとき。リビング・ウィルがあること、父がどうしてこの意思を残していたのか思い出すときは必ず来るはず。

PDFで書式をそのうち作りますが今はコピペでお願いします。
もちろん無料ですが、ご利用は自己責任でお願いします。

❤❤❤❤❤ ❤❤❤❤❤

リビングウィル(意思表示)

私の命を助けようとしてくれている皆さんどうもありがとうございます。

私が高齢になって自分で自分の事が判断できなくなってしまったとき(認知症の診断を受けたとき、何らかの疾患で正常ではないと医師が判断したとき)、事故や病気で意識が朦朧としていたり返事ができないとき、自分で飲むことも食べることもできなくなった時、以下のようにしてほしい。

介助を受けても飲んだり食べたりできなくなったときは胃ろうや高カロリー輸液、点滴はしないでほしい。胃ろうや経鼻胃管での栄養補給もしないでほしい。

自分で呼吸ができなくなった時、人工呼吸器をしないでほしい。もし、何らかの理由で人工呼吸器が付いた場合、どうか、外していただき、自発呼吸が戻らなくても再装着しないでほしい。私は、それを望んでおり外した責任を誰にも求めない。

痛み止めを使っても痛みや倦怠感が取れず苦しんでいるときは、例え呼吸停止や他のデメリットのリスクがあっても私を眠らせてほしい。最大限の痛み止めを使って楽にしてほしい。
昇圧剤や、人工透析、血漿交換、輸血など延命が目的の治療はしないでほしい。

私は、今まで自分の身の回りのことは人でしてきましたので、自分で食べれない時、呼吸できない時、私の人間としての命は終わりを迎えることが望ましいと思っています。
私の父と母がそうであったように、穏やかに最期を迎えたいのです。
どうかよろしくおねがいします。

平成◯年◯月◯日  住所
本人署名 印鑑
家族署名 印鑑

上位の意思表示に変化が無いことを証明します。
平成◯年◯月◯日 本人署名
平成◯年◯月◯日 本人署名

❤❤❤❤❤ ❤❤❤❤❤

持病の発覚や定年、親世代の死去などの折に、リビングウィルを作ってみることをおすすめします。

癌で余命宣告のある場合など、死が迫っている場合のリビングウィルに関しては作り方や書き方が異なります。ここで紹介しているのは、致命的な持病のない中年から壮年、シニア期の方だと思っておいてください。

 

まとめ

特に高齢者の患者さんのケアをしている時に、リビングウィルってみんなが当たり前のように作ればいいのになと思うことがよくあります。
書き方や意義なども、まだまだ知られていない部分もあるのでぜひ知ってもらいたいです。

特養やサ高住などの施設ではアドバンスケアプランニングの取り組みも普及してきていますよね。
私自身もエンディングノートを所持していますが、実は不十分さが目立ちます(;´∀`)

なかなか自分の最期って想定するのも難しいですからね。

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です