大きいきゅうりの美味しい食べ方!大量消費できる簡単で人気のレシピ

家庭菜園でも育てやすくて大人気のきゅうり

でも、ちょっと忘れていたうちに葉っぱの影で巨大化していたことはありませんか?

あ、おばけキュウリになっちゃった。。。

大きいきゅうりは美味しくないと言われることもありますが、
そんなことはありません!

下処理の方法と人気のレシピを知れば
大量消費可能な美味しいごちそうに変身しますよ~(*^^*)

大きいきゅうりについて知りたい方必見です。

スポンサーリンク

 

大きいきゅうりとは

大きいきゅうり(巨大化したきゅうり)の名前はおばけキュウリといいます。

普通のきゅうりと栄養や効能は変わりません。
体を冷やす効果があるので暑い夏にはピッタリ。
カリウムが豊富なのでむくみの解消や夏バテ予防にもGOODです。

漢方の食養生でも夏におすすめの素材がきゅうりなんです。

皮が固く、独特の青臭さがあり、水分の多い感じ。

味は、良く言えばあっさり、悪く言えば味気ない感じですかね。

 

大きいきゅうりを美味しく食べるための下処理

大きいきゅうりを割ってみましょう

大きな種が入っていますよね。

この種は食感がイマイチかつ、見た目が悪くなるので
種の大きい部分のみ、スプーンでこそげ取りましょう。

普段食べているのはまだ種の育っていない未熟なきゅうりなんですね^^;

あと、皮ですが、加熱しないときは硬いのでピーラーで剥いてしまいましょう。
しっかり剥かなくてもOKです。
濃い緑の部分と、黄緑の部分があっても、見た目的には涼しげですので問題なし。

スポンサーリンク

 

大きいきゅうりを美味しく。大量消費できる簡単で人気のレシピ

定番 大きいきゅうりの簡単浅漬け

熱くて火も使いたくないときはこれ!

 

【浅漬けの作り方】

  1. 大きいきゅうりの皮を剥いて種の気になる部分をこそげる
  2. 半分にカットし、斜めに切る
  3. 大きいきゅうり1本に対して小さじ4分の1程度の塩をかけて揉む
    もしくは、塩昆布をまぶして揉む
  4. 冷蔵庫で30分以上冷やす

塩は好みがありますので、「このくらいかけたら美味しそうだなという量」をふりかけるといいですよ。
水分が出て若干塩味が薄くなります。

きゅうりの味噌汁

これは富山県の郷土料理です。とろとろにして大量消費を狙います。
呉東地区ではよく食べられていますよ。

【味噌汁の作り方】

  1. 大きいきゅうりの皮を剥いて種の気になる部分をこそげる
  2. 半分にカットし、斜めに切る。
  3. 水から入れ、ほんだしを入れて煮込む

きゅうりが半透明になって柔らかくなったら味噌を入れる。
お好みでしょうがも投入。
飴色になるまでじっくり煮込むという家庭も多いです。

とろっととろける食感は冬瓜に似てますよ~。
あっという間に無くなります。

きゅうりのあんかけ煮物

これも柔らかく煮てトロトロにしてしまう系の大量消費作戦。

【あんかけ煮物の作り方】

  1. 大きいきゅうりの皮を剥いて種の気になる部分をこそげる
  2. 半分にカットし、斜めに切る(切り方は自由です)
  3. 中華だしを入れたお湯の中にきゅうりを投入。

柔らかくなるまで煮る。透明になって柔らかくなってきたら
片栗粉・水・生姜・醤油・酒・みりんをカップに入れてよく混ぜたものを投入。
とろみが付いたら完成

☆大きいきゅうり1本に対しての分量の目安です。
だし汁 水350ml+中華だし小さじ1
とろみ付け用 水50ml+片栗粉大さじ1+醤油大さじ3+みりん小さじ2+砂糖小さじ2+酒少々、生姜少々です。

めんどくさかったら、めんつゆで煮て最後に水溶き片栗粉を入れてもいいですよ~(^^)

大きいきゅうりのきんぴら炒め

きゅうりは実は炒めものにも活用できるんですよ(^o^)
パリパリしてておいしい~

【きんぴらの作り方】

  1. 大きいきゅうりの皮を剥いて種の気になる部分をこそげ取る
  2. 斜めに薄切りにする。(千切りにしてしまうとへたってしまうのでちょっと歯ごたえを残すほうがいいかもしれません)
  3. ごま油をひいたフライパンで炒める
  4. 酒大さじ2、砂糖小さじ2、醤油大さじ1を投入。
  5. 最後にごまと好みで鰹節をまぶす。

大きいきゅうりのフライ 唐揚げ 天ぷら

【唐揚げ・フライ・天ぷらの作り方】

  1. 1センチ位のぶつ切りにする
  2. 小麦粉と片栗粉を2対1で混ぜ、粉チーズを混ぜる
  3. 溶き卵に通して粉を付けて、油で揚げる

皮は剥かなくても大丈夫です。
小麦粉だけで上げるとベタッとなって失敗しますのでご注意ください。

粉チーズはたっぷり入れると美味しいですよ。

大きいきゅうりのサラダ 豚しゃぶ・冷やし中華の付け合せにも

【サラダ用きゅうりの作り方】

  1. 大きいきゅうりは皮を剥むく
  2. そのままピーラーで剥いていく。
  3. そのままドレッシンッグをかけて食べるもよし。
    ウチでは豚の冷シャブをしたときの付け合せ、バンバンジーの付け合せ、冷やし中華のトッピングなどにフル活用しております。

見た目がきれいなので、まるでプロ!の仕上がりに。

大きいきゅうりの保存食 キューちゃん漬け

【キューちゃん漬けの作り方】

  1. 大きいきゅうりは皮はそのまま。半分に割って種の気になる分を取ります。
  2. 1センチくらいにぶつ切りにして塩をまぶして1時間くらいそのままにします。
  3. きゅうりをさっと水洗いし、しっかり絞ります。

大きいきゅうり4本くらいに対し、鍋に醤油200cc 酢30cc みりん30cc

酒30cc  砂糖80~100g、生姜1かけら 好みで乾燥唐辛子少々を入れます。
きゅうりと一緒に煮ます。
冷める時に味が染み込みますよ。

夏は福神漬の代わりにしたり、刻んで豆腐に載せたりして食べまくります。
冷蔵庫で1週間くらいは日持ちします。

 

まとめ

品種にかかわらず、大きくなってしまったおばけキュウリたちも美味しい食べ方ができそうです。

捨ててしまうなんてもったいない

コツは皮を剥くことと、種を取ることなので、
後は、自己流の食べ方を楽しんでくださいね(^^)

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です