ヒスイパン|富山からの取り寄せ方法や清水製パン販売店は入善のどこかを紹介

富山のご当地パンであるヒスイパン。
翡翠のようなエメラルドグリーンの輝きとツヤっとした照り具合が何ともインパクト大ですね。

本日はヒスイパンを富山県からお取り寄せできるのか?
実際に買いに行く場合、清水製パンの販売店は入善町のどこにあるのか?
そもそも、ヒスイパンの味はうまいのかまずいのか?口コミは?

というひすいパンを徹底的に解剖する内容でお送りします。
ご当地といえば、駅弁や郷土料理を思い浮かべる人が多いと思いますが、ご当地パンも熱いですよ~(^o^)

 

スポンサーリンク

 

ヒスイパンとは何か?味の口コミはうまいのか、まずいのか。

これがヒスイパンです。


まあるい形にエメラルドグリーンの羊羹がつやつやと輝いております。
翡翠部分(羊羹部分)は厚さ1.5㎜ほど。

こ、これはまさにTHE翡翠~!!!

昭和59年頃、焦げちゃったアンパンに羊羹を塗って作ったパンに、朝日町名物の翡翠というイメージを合体させて生まれたそうです。
当初は羊羹パンというネーミングだったそうで、、、それをビーチボール大会の時にヒスイパンに改名したというエピソード。

このツヤッツヤの緑は抹茶かなと思いきや、白あんに天然色素で色付けしているらしい。

あ、天然色素ってクチナシや紅麹ね。ミドリムシとかじゃないから。
しかも、日によって美しい緑を演出するため配合が違うそうです。職人技や。

 

 

50年以上地元では愛されている懐かしいパンなのですが、有名になったのは2010年のご当地パン祭りに登場してからですね。

見た目のインパクトがかなり激しいので記憶に残ってしまうようです。

味は懐かしのアンパン。こしあんがサラサラっと口の中で溶けます。
パン生地はルヴァン種という生地を使っているそうで、よくわかりませんがちょっと甘みがあってしっかりとした歯ごたえがある生地でした。
うん。懐かしい味って言うんですかね。今流行りのオ・サ・レ(おしゃれ)な感じではないです。

 

息子躊躇なくがぶり。
見た目に関しては「スーパーボールみたい」と言っていた。味は?と聞くと「アンパン」ああ、そりゃそうですね。

羊羹✕こしあんなので甘すぎるんじゃないかと思っていましたが、ペロッと1個食べれます。
ただし、お茶が合う。ベストマッチ。
このヒスイパンをジュースと一緒に食べるという人はちょっと味覚が麻痺していると思う。

羊羹部分を先に食べるという味わい方も公式?なのか。生粋の入善町出身・入善育ちの同僚看護師は羊羹部分をぺろーんと剥がして先に食べていた
一同ツッコミどころ満載だったが、「え、羊羹も美味しいんやぜ?昔和菓子とかもあったんじゃない?」という返答でした。
堂々としすぎて、むしろ羊羹だけ剥がし食いが正統派にも思えてきた(;´∀`)ドヒャー。

 

ブリ江
1個140円!入善の海洋深層水使用やよ。袋はバリエーションがあるらしい。

 

 

入善町でヒスイパンが買える販売店はここ!清水製パン直営店も。

ヒスイパンですが、入善町の名物なのか朝日町の名物なのかという平和な論争が起きています。

清水製パン→朝日町
翡翠をフューチャーしている→朝日町ヒスイ海岸
販売の主力→入善町のショッピングセンター内のピエール(清水製パン直営店)
入善町海洋深層水使用→入善町

ってことで、確かにどっちにも言い分がありますね(;´∀`)

【入善町でヒスイパンが買える店】
・コスモ21内のピエール
・あいさい広場

ちなみに朝日町の清水製パン工場は主に給食のパンなどを製造しているため対面での販売はしておりません

コスモ21内ピエール

住所  富山県下新川郡入善町椚山1336
電話 0765-74-9106
営業時間 10:00~19:00
定休日 第二火曜日
アクセス 8号線を走っていると椚山の交差点から見えます。

たけのこパンもおすすめですが、やっぱりヒスイパンが人気のようです。

 

スポンサーリンク

ヒスイパンの通販・お取り寄せ方法

 

ヒスイパンは清水製パンの公式ホームページからお取り寄せできます。
季節限定で、上の羊羹がサーモンピンクっぽいさくらパンも販売中。

 

10個1400円、送料別途必要です。

楽天やアマゾンでの取扱は現況無いようで、送料がかかっちゃうのがイタいところですね。
これは是非、入善町に来てゲットする方法がおすすめです(笑)

息子
ヒスイパンの手法だと何色でも作れちゃうってことか~?俺、1個で2回美味しいハーフがいい!

まとめ

富山のご当地パン・ヒスイパンですがその美味しさから入善町民と朝日町民が「ウチの名物やぜ」と平和な言い合いを繰り広げていました(笑)
お取り寄せ通販もできますが、やはり現地で食べてほしいなあ。

ちなみに、翡翠色とはエメラルドグリーンやターコイズのような青みがかった緑という定義です。
しかし、日本の翡翠は緑だけではなく、赤橙や白など15色程度のカラーバリエーションがあるそうで、ヒスイ海岸で翡翠探しをする場合はヒスイパンの色は目印にはなりません。
あしからず。

清水製パンの販売店は入善町コスモ21内ピエールですよ~(^o^)

 

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です