七五三の神社へのお金は新札で?初穂料の相場やのし袋封筒の書き方も紹介

可愛い子供の成長のお祝い。

七五三

家族みんなで神社にお参りをする計画の人も多いはず。

でも、神社に納めるお金って新札じゃなきゃ駄目だったっけ?
お金を入れる封筒は?
表書きの書き方は?
そもそも、いくら包むのが相場なの~?

恥をかかないようにまとめました。ご覧くださいm(_ _)m

 

スポンサーリンク

七五三の初穂料(神社に納めるお金)の相場

初穂料とは→神社でご祈祷をしてもらう場合に支払うお金のことです。

はつほりょうと読みます。

玉串料(たまぐしりょう)と記載してある神社もありますが同じものです。
玉串料はお葬式などのときにも使用される名称のため初穂料を好む人が多いようですよ。

相場5000円10000円

神社によってはきちんと値段が定められているところも多いです。

娘がお参りした神社では値段が定められており、何段階かが表示されていました。
その違いはもらうお土産の中身でした 😯
(祈祷が適当とか、短いとかではなかった)

予約をしていく方は、予約の際に「初穂料はおいくらをお包みすればいいですか?」と聞くとスマートです。

 

七五三のお金は新札を使用するのか?

お祝い事であり、成長へのお礼、そしてこれからも元気に育つようにとの祈りを込める祈祷へのお礼なのです。

できる限り新札を使うほうが気持ち良いですね(*^^*)

ピン札(新札)でなくても良いのですが、切れているもの、ヨレヨレのものはNGです。

 

スポンサーリンク

のし袋の種類と表書きの書き方

のし袋の種類

出典:MAMASARCH

慶事用の紅白か金銀ののし袋を使用します。
水引がリボン🎀みたいになっているタイプ(花結い)を選んでください。
同じ慶事用でもあわじ結び・結切(水引の先端が上を向いているもの。)は結婚式用です

 

表書きの書き方

表書きは「御初穂料」と記載します。

には「子供のフルネーム」を記載します

☆濃い墨、筆ペンで書きましょう。

豆知識兄弟で祈祷を受ける場合はそれぞれをフルネームで連名にすればOKです

中袋封筒の書き方

出典:cawaiku

中袋封筒のには「包む金額を漢字で」書きます。 五千円か壱万円みたいな感じです。

     裏左下「住所と子供のフルネーム」を書きます。

 

豆知識中袋封筒にお金を入れる時は、表からお札に印刷されている人の顔が見えるようにします

まとめ

いやー、知らないルールがいっぱいです。
娘の時は、自分で調べて、のし袋も書き損じして(笑)
懐かしいけど、ひどかったわ。

とにかく、新札を用意して花結びののし袋に御初穂料と書いて入れる!
中の封筒の書き方も万全。

これでヨシです。神社に行くお金の用意はバッチリ

あとは、子供や自分の準備に時間をかけれますよね(*^^*)

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です