ハロウィンの子供の衣装は魔女!100均やゴミ袋で手作り。メイクも紹介

今年もハロウィンの季節がやってきました。
子供たちに仮装させたいけど、めんどくさいのがイヤ!お金かけるのもイヤ!という方
100均をフル活用してかわいい衣装できますよ(*^^*)
更に、縫い物も特別な道具も一切要りません。

ぜひ、女の子に大人気の魔女の衣装、作ってみませんか?
メイクもしてあげれば、子供のテンションも一気にアップしますよー。
共働きでも、予算がなくても、親子で楽しいハロウィンすごしましょ❤
手作りをしてあげる幸せ、手作りしてもらった幸せはプライスレスー!

 

スポンサーリンク

 

ハロウィン魔女の衣装の作り方

用意するもの(全部100均)

【材料】

  • 黒いゴミ袋
  • リボン
  • 出来合いのリボン(100均の手芸コーナー)
  • 端切れ布
  • ほうき
  • 水切りネット
  • 色画用紙

【道具】

  • はさみ
  • ホッチキス
  • 黒いトップス
  • 黒スパッツ カラフルタイツでも可愛いです。

 

ブリ江
予算1000円、所要時間片付けコミコミで30分です

作り方(スカート)

1黒のゴミ袋の両端をカットして広げます

2腰紐用に5センチほどの幅で縦にカットします

3裾はギザギザにカットすると魔女感がでていい感じです。

4ギャサーを寄せてホッチキスで留めます

5紐を2つに分けて、エプロンの紐のように左右の端にテープで留めます。

6出来合いのリボンをテープで飾り付けします
(飴玉や折り紙のネコ、かぼちゃなどを付けても可愛いですよ)

 

作り方(マント)

1ゴミ袋を画像のようにカットします。
(丸い裾のボレロマントにして可愛い感じにしていますが、ギザギザカットでもOKです)

2余った部分で紐を作りマントの平らな部分に乗せます

3紐ごと折りテープで留めます。(紐を通すのが面倒なので)

4紐を絞りながらギャザーを寄せホッチキスで留めていきます。

5もう一枚ゴミ袋を用意し、角の三角部分を大きめにカットします。
(フードになるので大きめがいいですよ)

6余分な部分はカットします

7裾に何箇所か切り目を入れてからマントにくっつけてください

 

作り方(ほうき)

1端切れやビニール袋をすだれ状にカットします

2ほうきに巻き付けてテープで留めます

3根本はリボンで結びます。

 

ブリ江
更に魔女感をアップしたい時は沢山端切れをくっつけて先っぽをゴムで縛ると丸いシルエットの魔女ほうきになります。私は、ハロウィン後に解体して普通のほうきとしてリサイクルしたかったので先っぽは結んでおりません。

 

作り方(帽子)

1水切りネットを広げ1つのネットの中に2枚を入れる

2中央をリボンで結ぶ

3色画用紙を三角の円錐にし、下を平らになるようにカット。1センチ位の切り目をぐるっと入れる。

4ドーナツ状に別の色画用紙をカットする(帽子のつば部分)

5合体させてテープで固定しリボンを付ける

ブリ江
ロングヘアの子はヘアピン2本で固定できますが、ショートカットの子はゴム紐を付けてあげたほうがいいです。魔女=魔法使いプリキュアのイメージだったらしく、うちの子はピンクのリボン帽子のつばは赤をセレクトしていました。
スポンサーリンク

ハロウィン魔女のメイク

個人的には写真などを撮った時に可愛い子供の時間を記録しておきたい派です。
パープルを使うのが王道ですが、カラーのかつらに蛍光系のアイシャドウも可愛いですね。

5歳位になると、子供なりに自分の中で「カワイイ」というイメージをしっかり持っています。
ホラーに仕上げると号泣されるのでご注意ください(体験済み)

魔女メイクのポイント

  • ボルドーのアイシャドウでまぶたをしっかりメイク
  • 蛍光ピンクのようなカラーを眼の下につけるのも可愛いですよー。
  • アイライナーは太め・跳ね上げ
  • そばかすを点々と書いても可愛い❤
  • ネイルも赤、全部色違いのカラフルで可愛く
  • リップは赤
  • 余裕があればカーラーで髪を巻く
  • タトゥーシールのスパイダー柄などをほっぺや首につけるといいですねー。

全部、100均かママのメイク用品でOKです

 

スパイダーなどのタトゥーは結構お安いですが、効果は絶大

こちらはキャリーぱみゅぱみゅのファッションモンスターの公式動画です。
直接的にハロウィンではないですが、世界観がカワイイので参考にしています。

 

まとめ

忙しさや予算の壁に負けずに100均を利用して楽しましょ(*^^*)
ゴミ袋で作れば縫わなくてもいいし、イベント終了後はさっと捨てられるので片付けも楽チンですよ。
スカートは黒猫ガールにも応用できますので、数種類をお色直ししてあげることだってできちゃう。

私自身も共働きで日々の忙しさに負けてハロウィンってかぼちゃ料理くらいしか作ってこなかったんです。
でも、子供はどんどん大きくなる。きっと、仮装だってそのうち「やだ」とか言われるんだろうな思って一念発起(笑)
まあ、下手くそだっていいじゃないかーと、作ってみたら意外とすんなりできました。

今年のハロウィンの衣装は魔女に決まりー。

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です