ハロウィンの子供(女の子)衣装を手作りで。黒猫やおばけの作り方

今年もハロウィンの季節がやってきました。
子供たちに仮装させたいけど、めんどくさいのがイヤ!お金かけるのもイヤ!という方
100均や自宅にあるお洋服をフル活用してかわいい衣装できますよ(*^^*)
縫い物も特別な道具も一切要りません

ぜひ、女の子にハロウィンの衣装、手作りで作ってみませんか?
女の子は仮装したらすんごくカワイイです。
保育園でもカーテン生地を腰に巻いてお姫様ごっことかしているのできっと仮装も大喜びしてくれますよ。

共働きでも、予算がなくても、親子で楽しいハロウィンすごしましょ❤
手作りをしてあげる幸せ、手作りしてもらった幸せはプライスレスー!

スポンサーリンク

 

ハロウィンの衣装 女の子に人気 黒猫ガール

みんなだいすきネコちゃんは、とても簡単にできちゃいます。

【材料】

  • 黒猫ターバン(100均)なければ黒のヘアバンドに画用紙で耳をつける
  • 黒いゴミ袋
  • プチプチか薄手タオル
  • リボン

【作り方】

  1. プチプチか薄手タオルを黒いゴミ袋に入れて巻く
  2. しっぽの先にはリボンを結ぶ
  3. 上下黒の服を着用。おしりにしっぽをはさんで猫耳ターバンを装着

 

メイクで眼の周りをすこーしピンクにして、そばかすとひげをアイライナーで書けばカワイイネコ顔になりますよー。

女子力アップポイント スカートを追加しちゃいましょう。
黒いチュチュやスカートでもOKですが、ゴミ袋でササッとできちゃいます。

【スカートの作り方】

1黒のゴミ袋の両端をカットして広げます

2腰紐用に5センチほどの幅で縦にカットします

3裾はギザギザにカットすると魔女感がでていい感じです。

4ギャサーを寄せてホッチキスで留めます

5紐を2つに分けて、エプロンの紐のように左右の端にテープで留めます。

6出来合いのリボンをテープで飾り付けします
(飴玉や折り紙のネコ、かぼちゃなどを付けても可愛いですよ)

 

ブリ江
兄弟や姉妹でネコいっぱいにしてしまうのもカワイイですねー

 

ハロウィンの衣装 女の子もおばけ

とても簡単です。
こちらは保育園でしていたのを再現したおばけ。
ハロウィンの仮装を手作りする時、かぶり物は窒息リスクがあるのでおすすめしません。

【材料】

  • 白いゴミ袋
  • ハサミ
  • セロテープ
  • 色画用紙

【作り方】

  1. 白いゴミ袋をカット 頭の出る場所1箇所、腕の出る場所2箇所
  2. おばけの顔を色画用紙でカットしてテープで貼り付ける

 

女子力アップポイント インナードレスをボリューミーに
カラフルスパッツやママのスカートをベルトで留めてドレス風にするなどお金をかけずに(*^^*)
特に、ママのシフォンスカートはふわふわでおばけ衣装のインナーにちょうどいい。

 

スポンサーリンク

 

ハロウィンの衣装 女の子に人気の魔女

魔女も人気ですねー。
帽子やほうきなどのパーツも作ると更にテンションアップ。
黒猫ガールとパーツがほぼ一緒なので、作りやすいですよ。

こちらは別記事で紹介しております。
ハロウィンの子供の衣装は魔女!100均やゴミ袋で手作り。メイクも紹介

 

ハロウィンの衣装(女の子向け)を手作りする時のコツ

1、家にある洋服や、ママのスカート、アクセサリーはフル活用

女の子のお洋服はそもそもキュートでカワイイものが多いです。
ハロウィン=黒と決めつけず。カラフルに装うのも全然アリ❤

ママのスカートはベアトップ風に着せて胸の下をベルトで留めるとドレスに変身します。
100均の手芸コーナーに出来合いのリボンやポンポンが売っているのでテープで留めるだけで豪華ドレスの完成!
100均のおもちゃ売り場で購入したステッキや夜光ブレスレットをつけるのもアリですねー。

2、メイクで変身、ネイルで変身

これも100均ママの手持ちのコスメでOKです
色味をパープルやオレンジ、レッドなど濃いカラーで揃えると統一感が出ます。

蛍光カラーのアイシャドウも大活躍。眼の周囲(下側にも!)ぼかすようにつけるとホラー感が出ます。
パープルなどを眼の周囲全体に使うと写真写りがイマイチになるので蛍光ピンクなどの明るいネオンカラーをおすすめ

後はタトゥーシール!蜘蛛の巣やかぼちゃが首筋や腕にあるだけで完成度はぐぐっとあがりますよー。

小さな女の子の場合、アイライナーは落としきれないリスクもありますので眼が閉じれるかを確認してから使用したほうがいいと思います。
メイクの拭き取りシートはマストアイテム。
大人用の洗顔メイク落としは子供には上手に使えないです。(経験済み)

ブリ江
舌の色が変わるという飴が駄菓子売り場で売っています。30円くらいかな。メロンかき氷などのシロップの余り物も去年使いました。緑の舌になれます。

 

3、女の子自身の意見を聞いてあげよう

4歳5歳くらいになると、自分でしっかりと「カワイイ」の基準を持っています。
私も、ハロウィンの衣装を手作りした時に娘の意見を聞かずに作って大失敗しました。
例えば、魔女。「魔女になろう」というところまでは良かったのですが、、、、
ママは黒が魔女服のイメージだったんです。しかし!
娘は魔法使いプリキュアみたいにでっかいリボンとフリフリのパープルにしてほしかった。

みたいなことが起きます。
完全にミスマッチングです。
最悪、作り直しになりますので事前によーく相談することが大事でした。

逃げ道あります

  • ヤフオクやミンネで手作り品を買う
  • レンタルドレスを借りてティアラだけ100均で用意し、お姫様に変身する

やってあげたいという気持ちがあるだけで十分だと思います(笑)私も沢山の逃げ道に支えられていますよー。

 

まとめ

ハロウィンの衣装、これだけハードルが低かったら手作りできそうですね。
女の子は、リボンやメイクでごまかせる(テコ入れできる)のでなんとかなりますよー。
黒猫やおばけ、魔女などに変身する時も、ちょっとした女子力アップの工夫をしてあげることがコツです(*^^*)

楽しかったらいいじゃないですか❤
お金をかけないといういことは、失敗しても大丈夫ということ。
使ったらさっと捨てても惜しくないということ。
今年のハロウィンは子供と一緒に仮装しましょ。

男の子兄弟がいる時はこちらを参考にしてみてくださいね。
ハロウィンの子供(男の子)衣装を手作りで。おばけやドラキュラの作り方

 

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です