グリーンビュー立山は日帰り入浴可能の温泉あり!料金や朝食時間の口コミ。

グリーンビュー立山は、是非地元民も行ってもらいたい癒やしスポットです。
日帰り入浴可能の温泉や無料のマッサージチェア
窓からは地鉄が橋脚を走る姿が見え、朝食時間や夕食時間は選べます!

気になる料金やお土産など、口コミを分析+行ってきたで徹底的に解剖しまくります。

スポンサーリンク

 

グリーンビュー立山とは

名称:グリーンビュー立山
住所: 富山県中新川郡立山町千寿ケ原1
電話番号:076-482-1716
駐車場:あり(広いので満車にはなりませんが、舗装されていない場所もあります)
アクセス:立山駅から徒歩3分(正面に立山駅が見えるレベル)

予約状況はグリーンビュー立山のホームページからチェックできます。
週末は予約でいっぱいの人気宿。

富山県の共済組合(教職員とか、役場職員とか警察官とかの共済)の指定宿泊施設。どうも、共済組合の組合員には割引チケットが発行されているらしくフロントでも多くの人が割引チケットを出している。

料金は繁忙期や祝前日前かどうかによっても異なるが12000円程度。

息子
未就学児の添い寝は無料だよ。ご飯は白米おかわりできるからママと半分こすれば俺は無料だ。

 

グリーンビュー立山

 

グリーンビュー立山の日帰り入浴可能の温泉。料金や入れる時間は?

日帰り入浴OKだが午前中は清掃時間あり。大清掃日は入浴NGなので事前問い合わせが無難

入浴可能時間:10時から15時半
日帰り入浴料金:600円
アメニティ: シャンプー、リンス、ボディソープ、綿棒、ドライアー、化粧水、乳液
クリクラのウォーターサーバーあり。
マッサージチェア無料。
喫煙所あり。

泉 質:ナトリウム炭酸水素塩泉
適応症:神経痛、筋肉痛、五十肩、うちみ、冷え性、疲労回復、きりきず、やけど、慢性皮膚炎など

筋肉痛は立山に登る人なら絶対に通過する道ですね。
疲労回復効果もあり。

いやもう、ドラクエの生命の泉みたいな感じ!いやっほう!

 

鍵付きロッカーあり。硬貨変換式。
基本的には脱衣カゴ利用。広いのでゆっくり入れますよ~。

めっちゃヌルヌルのお湯です。げんげもびっくりのぬるぬる加減…で何が言いたいのかというと転倒注意です。
大腿骨骨折したらヌードで病院に搬送されまっせ!

 

 

スポンサーリンク

 

グリーンビュー立山に行ってきた

立山登拝の基地という意味でも有効な場所ですが、雪が降ってなんにも観光しないという贅沢を味わいに行ってきました。
と言っても、子育て&夫のお世話からは開放されませんが(#^ω^)

ロビーではいつ来ても地元作家さんの作品展示がしてあります。
この日は舟橋清さんの布橋灌頂会や集落の油絵展示だった。

息子は以前布橋を渡っており、「俺この絵知っている!あの世やぜー」とドヤ顔。

さて、平日にもかかわらず、チェックインする人でいっぱい。

 

夕食の時間は到着時に18時か18時半か19時でセレクトできるので先に入浴するか選べるわけです。

子供用浴衣もあり。無料で貸出OKです。可愛いです。

 

部屋は簡素な感じ。お決まりのオヤツもあるけどお土産コーナーで立山権現かんもちを購入するのがおすすめ。

ちなみに冷蔵庫には地元立山大観峰のミネラルウォーターが2本あり無料。

 

 

窓からは雪景色。地鉄が橋脚を走っていく様子が見える。

 

さ、先に風呂に行くぞ。
噂の無料マッサージチェア。缶ビールは300円で販売している。

風呂は前述の通り。

夕食はこんな感じ。普通です。というのは、地元感が薄いメニューだから。

 

山奥なのに、マグロや鯛のお造りだったり、安納芋という立山町では栽培されていない野菜のグラタンだったり。

 

ん?バカス鍋?ってなんじゃ?豚の角煮みたいなやつと梅干し入っとる。
夫「粕汁じゃない?」
んなことあるかとウエイトレスのお姉さんおばさんに尋ねると「粕汁みたいな感じです」とどストライクな回答。
みたいな感じの部分がバという単語に含まれているのか?カス鍋じゃないのか?まあ、どうでもいいか。

しかも、ウチの夫はきのこが食えない。グラタンにきのこがたっぷり入っており「これあげるね。お刺身と交換してもいいよ」ってお前何様やねん!
どこまで上から目線やねん!だからメタボ健診に引っかかるんじゃ。仕方ないので刺身小皿とグラタンをトレードする(# ゚Д゚)

というわけで食事にはあまり期待しないほうが良さそう。いや、まずくはないですよ。ただ、富山のPRにしてはちょっと弱いというだけ。
あと、いつ来てもだいたいメニューが一緒です。季節感とかあまり期待しないほうが良い。

口コミ的には食事も美味しい、というものが多くツイッターで見受けられる。食事がNGという口コミは無いよ。

 

食後はビール→温泉→ビール→温泉の繰り返しで夜は更けていく。24時まで入浴OK。

朝食も時間が選べます。7時、7時半、8時。ここは迷わず8時。
そして、二日酔いがひどすぎて写真とって来なかった。

鮭、ウインナー、納豆、海苔、味噌汁、マカロニサラダ、生ハムマリネ、お新香、だし巻き卵、フルーツポンチでした。あとは牛乳とオレンジジュースは飲み放題。

登山などで早くチェックアウトする場合は要注意です。
おにぎりなどのサービスは無いので立山駅で調達しましょう。

チェックアウトは10時なので食後も無料珈琲→温泉という流れになります(^o^)

 

まとめ

グリーンビュー立山はやっぱり温泉がメインですね。
げんげもびっくりのぬるぬるの泉質はかなり良いです。
日帰りも可能で、600円という良心的なお値段。浴室も広くストレスフリー!

宿泊の場合、朝食と夕食の時間が選べるのが高印象でした。あと、無料のマッサージチェア。

後でわかったのですが、共済組合のチケットを使うと一人2000円引き(季節によっては更に追加割引)らしいです。
というわけで、共済組合職員からの支持率が人気を下支えしているため予約はお早めにしたほうが無難という結論に至りました!

子どもたちは初のホテルデビューだったのですがとっても喜んでくれました❤浴衣も超可愛かった❤
あ、ホテル内のレストランは飲み物の持ち込みは持ち込み料がかかります。
子供達にコーラを1本づつ300円✕2注文したので、コストアップしてしまいました_| ̄|○ il||li

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です