七五三での父親の服装は礼服かスーツ?ジャケパンや和装袴も人気!

子供がいる家庭なら誰しもが通る行事!

七五三

子供たちには素敵なお着物を用意した!
ママもスーツやお着物でドレスアップ。
さあ、出発~!?

「あ、パパの服装はどうしよう。」

七五三のあるあるですよね。

今日は七五三で父親もかっこよく決まる服装を考えてみたいと思います。
礼服やスーツのほか、ジャケパンや着物も紹介しますよ~。

 

スポンサーリンク

七五三での父親の服装のマナー

主役は子供なので子供より目立つのはNG

格が上とされる服装もNGです。
例えば男の子がスーツなのに父親が紋付き袴など。
礼服でもモーニングや燕尾服は子供より格上になってしまうためNGです。

 

妻とのバランスがとれるようにしましょう

ママがブラックフォーマルなのにパパがカジュアル度の高いジャケパンなどを着るのはNGです。
特に写真に写った時にちぐはぐ加減が強調されますので要注意。

大事なのは家族全体でのまとまり感ですね(*^^*)

 

明らかにカジュアルはNG

ダメージジーンズとスニーカ、作業着など。
個人的には否定はしないのですが、フォーマルな服装で来る家族連れが多いです。

お互いに嫌な気分になるのを避けるために、NGとしておきます。

 

七五三での父親の服装の種類

礼服

ブラックスーツはOKです。
ママが着物・ブラックフォーマルだとバランスがとれています。

しかし、地味になりすぎるというデメリットもありますよ。
光沢感のあるネクタイとポケットチーフで華やかさを出してくださいね。

スーツ

ビジネススーツを持っているパパはスーツもいいですよ。

ボタンの数やダブル・シングルは問いません。
ストライプなどの柄物もOKですが写真写りがいいのはダーク系無地です。

華やかさや顔色がよく見えるよう、Yシャツは淡いカラーがおすすめ。
白いワイシャツの場合はボルドーなどのネクタイを選びビジネスライクにならないようにしていきましょう。

一番選ばれている服装なので、迷ったらスーツが無難です。

ジャケパン

ジャケットとパンツスタイルのパパも増えてきています。

家族としてのまとまり感があればとても素敵に見えます。
写真映えも良好。

一方で地方では保守的な考えの人も多い。
特に3世代で来ている人の中には、七五三=礼服という考えの人もおられます。

派手になりすぎないように配慮は必要です。

ジャケパンでもノーネクタイはNGです。
また素材も、チノなどのカジュアルな素材はNGです。

 

和装 着物や袴

父親が着物を着用すること自体はNGではありません。
ただし、男性の着物・袴という事自体が派手な印象になるので柄や色は落ち着いたものを。

子供より目立たないを常に心がけてください。

また洋装より和装のほうが格について細かいルールがあります。
ママの着物との格を揃えておくことも必要です。

なお、袴は着物の上に着る物です。使用するかどうかに決まりは有りません。
袴自体は礼装感がありきちんとした雰囲気になります。

購入すると10万円ほどですがレンタルも登場しています。

家族全員が着物で揃えていたご家庭がありましたが素敵でした。

 

スポンサーリンク

 

ウチの場合

娘の3歳の七五三は地方都市の神社でした。
田舎のせいもあるのか、服装は様々。

家族全員で洋装の家庭。お参りの後ご飯食べに行くそうで着物はやめたのだそう。
IT企業にお勤めのパパはジャケパンでした。
若いパパで成人式のような袴を来ている人がいましたけど、腕を組んで、同じく袴姿の息子さんとバッチリ写真を撮っていました。

一番多かったのがワンピーススーツのママとビジネススーツのパパですね。

うちは、パパは作業着で仕事をしているため久しぶりに着用したスーツがパンパンでちょっと悲しかった(笑)

まとめ

昔に比べて服装の決まりごとは緩やかになってきています。

七五三は神事であると同時家族の大事な思い出。

パパの服装もしっかりプランニングしてまとまり感を!
礼服でも、スーツでも、袴でも大切なのは、「自分たち家族が納得できること」ではないかしら。

それぞれに素敵な七五三でありますように。

 

 

 

 

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です