散り椿のロケ地は富山の浮田家?フライヤーの撮影場所や目撃情報も!

2018年秋に葉室麟原作の時代劇「散り椿」が待望の実写化になります。

公開日は9月28日

平日ですが公開を心待ちにしているファンの皆様。
映画中にも登場する撮影舞台・ロケ地巡礼に興味はありませんか?

フライヤーに使われたあの場所や、岡田准一さんが目撃された浮田家の情報までをバッチリチェックしてきました。

いざ出発~(^^)

スポンサーリンク

 

映画「散り椿」のフライヤーについて

映画の楽しみの一つはフライヤーですよね。

いろいろなバージョンがありますが、私が注目しているのはこちら!

この凛とした雰囲気の大木と岡田准一さんの雰囲気がマッチしてて素敵すぎです。
この写真は実際にロケ地となった富山県上市町の眼目山立山寺に貼られていたものです。

人気の映画ともなればフライヤーって映画館ではまたたく間になくなってしまうことも多いですよね。

確約はできないですが、ロケ地に行くとフライヤーが置いてあったりするので手に入れそこねた方は聖地巡礼を兼ねて探してみるといいかもしれません。
(電話での確認は絶対にやめてくださいね。)

散り椿の撮影場所・ロケ地はどこ?目撃情報も!

ロケ地1つ目 富山県上市町・眼目山 立山寺

「めめやまたてやまでら」ではなく、「がんもくざんりゅうぜんじ」です。
地元民は「さっかのてら」と呼んでおります。

パワースポットととして結構有名なんですよ。

もう、入り口からしてすごい。
栂(とが。もみの木)という樹齢400年以上の大木が約300mにも渡って続きます。

木と木の間には苔むしたお地蔵さんがひっそりと佇んでおり風情を感じますねえ。
木漏れ日が素敵。

実際に歩いてみると空気もとても清浄で温かい雰囲気を感じます。
ゆっくりと映画に思いを馳せながらお寺までの参道を楽しみましょう。

6月上旬に撮影がされてたそうで、カメラや照明が沢山入っていたとのこと。

立山寺についての詳しい紹介はこちらにしてあります。
富山の自然系パワースポットは眼目山立山寺(さっかのてら)がおすすめ

ロケ地2つ目 豪農の館 内山邸

木村大作監督の「剣点の記」でもロケ地でしたね。
つまり、こちらもかなりいい雰囲気ということです。

学芸員の方にお話を伺ってきました。

写真の右端が椿の木ですね。


あとはこの縁側に岡田准一さんたちが座って休まれたそう。
座るとちょうど椿が正面に見えます。

あと、こちらは土蔵の前に土を運び入れ、蔵から出てきた岡田准一さんが敵に囲まれるシーンが撮影されたそうです。

館内にはサインも展示してありました。
岡田准一さんはサインが貰えなかったそうです。

美しい庭園と豪奢な調度品が素晴らしいです。
庭は四季折々の草花で彩られ、心のデトックスにも効きました。

 

スポンサーリンク

 

ロケ地3つ目 浮田家住宅

こちらは江戸時代中期の豪農の家です。
宅地・母屋・表門・土蔵は国指定の重要文化財です。

映画中では殺陣シーンや義理の妹役坂下里美・黒木華さんの家(つまり妻瓜生篠・麻生久美子さんの実家ということですね)でした。

出典 浮田家住宅

 

散り椿のロケ地 富山県の一覧

富山県でのロケ地が発表になりました!
結構あちこちでロケしていたんですね。
五百羅漢や桂樹舎など雰囲気野いい場所がいっぱ~い(^o^)

  1. 氷見・薮田漁港付近
    新兵衛がひとりで歩くシーン。
    猛暑の中雪を降らせる演出でした
  2. 摩頂山国泰寺
    寺の庫裏で新兵衛としのの居宅シーンの撮影が!
  3. 長松山本法寺
    山門で親兵衛が襲撃されるシーン
  4. 武田家住宅
    三右衛門の居宅として登場
  5. 小矢部市石坂の旧北陸道
    作品の冒頭で親兵衛が扇野藩を目指して歩くシーン
  6. 桂樹舎
    田中屋で和紙を漉く手元のシーン
  7. 森記念秋水美術館
    刀を提供
  8. 瑞泉寺
    回廊や本堂。石田に捕まった藤吾を親兵衛が救い出すシーン
  9. 長慶寺五百羅漢
    平山道場です。
  10. 内山邸
    采女の居宅。親兵衛と采女が椿の下で戦うシーンです。
  11. 金岡邸
    和紙問屋田中屋です。県道は土で埋めて撮影!
  12. 浮田家住宅
    坂下家のオープンセットを作ったのは富山県の大工さんです。
  13. 雄山神社芦峅中宮祈願殿
    ラストで采女と新兵衛が石田に立ち向かう殺陣シーンが撮影。
    実際に大雨でしたが、更に追加で雨を降らせたため超絶豪雨の迫力ある映像に仕上がっています
  14. 立山大橋
    狩りのシーン
  15. 上市市広野新付近
    若殿が藩に戻るシーンで馬を走らせました。
    ここは木村監督のお気に入りの道で「俺の道」というニックネームなのです。
  16. 眼目山立山寺
    栂並木。ラストで里美が新兵衛を追いかけるシーンです。

県内各所に散らばっていますね。
剣点の記とかぶっているロケ地もあります。

まとめ

撮影場所は地元でも隠れた人気スポットです。
静かな田舎ですけど、芸能人の目撃情報で一時期HOTになっていましたね。

散り椿の映画もかなり楽しみです。

浮田家住宅・立山寺両方巡って聖地巡礼してみてはいかがでしょうか?

史跡やパワースポット・森林セラピー基地としても有名なので
パワーチャージできますよ~(^^)

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です