七五三での母親の髪型は?洋装にも和装にも合うショートとボブの簡単アレンジ!

かわいい子供たちの成長を祝う七五三。
家族みんなでおしゃれしましょ(*^^*)

普段ショートカットやボブでさっぱりとしているママも、今日は華やかヘアに変身。
長さが短くてもフェミニンリッチな雰囲気にできちゃうんです。

写真写りも良くなるとっておきのヘアスタイルアレンジを教えちゃいます。

和装でも、洋装でもおまかせ!

簡単に自分でできるものだけ集めました~。

 

スポンサーリンク

 

ショート・ボブのアレンジのポイント

ボリュームをもたせてふっくらさせるべし

トップ、後頭部、毛先のいずれかにボリュームをもたせてふっくらさせると華やかな印象になりますよ。
特に和装の場合はシルエットがタイトなのでぺちゃんこヘアだと貧素なイメージに😨
スーツでも、スカートがフレアーではないママは要注意です。

トップ・後頭部のボリューム→リッチ余裕見えな印象
毛先を巻くなどのボリューム→可愛らしい印象

 

カラーやリタッチを事前にしておくべし

傷んだ毛先や、プリン状態は写真でみた時にかなり目立ちます。そして写真で残ります。😨
悲しい現実ですが、白髪も目立ちます、、、。

きちんとカラーやリタッチをしてきれいな髪にしておくと仕上がりが綺麗ですよ。

 

顔にかかる髪の毛を事前に鏡でチェックしておくべし

写真撮影前に自分で整える事に備えて、耳にかけたらきれいかなどをチェックしておこう。
子供のお世話もあるので、乱れてしまうことも想定しておくほうが無難。

 

ショート&ボブのママ 簡単ヘアアレンジ

不器用ママでも10分以内でできるもののみ
特殊な道具は必要なし!

ポンパドール

ポンパドールは前髪を膨らませて高い位置でまとめたヘアです。
フランスのポンパドール伯爵夫人が由来なエレガントヘア❤

〈作り方〉

  1. 黒目の上の位置から毛束をとります。
  2. 根本をねじって押し付けるようにして下の毛と一緒にピンで固定します。
  3. 1本ではなくて2本ピンをつかって両方向から留めると崩れないですよ。
  4. ケープで徹底的に固めるのが無難。
    正面だけじゃなくて、サイドや後側からも吹き付けておきましょう!

特に和装(着物)ママにおすすめ(^^)

毛先はふんわりでも良いですが、しっかり固めると宝塚風のシックモダンな印象に。

画像もつけておきますね。

 

サイドだけくるりんぱ

サイドだけねじねじorくるりんぱさせてピンでとめるだけ。
画像は後ろにくるりんぱしていますが、サイドのほうが見えるので楽です。
手軽なのに凝ったような印象です。

〈作り方〉

  1. 耳の上からひっぱってまとめた髪をゴムで結ぶ
  2. 毛束が通せるくらいにゴムを下げて結び目を緩める
  3. 結び目を半分に割って毛束を通す
  4. 通した毛束をそっとゆっくりまっすぐ下に引っ張る
  5. 毛をつまんで形を整える
  6. ケープで固める
細いゴムを使うのがコツです。

後頭部だけ盛り髪

ロングに負けない存在感をだせますよ。

〈作り方〉

  1. ホットカーラーで頭頂部、後頭部、サイド左右を巻く
  2. 外したら逆毛を立てながらボリュームを出していく
  3. 根本にワックスをつけ、つまむように立たせる
  4. 下から空気をいれるようにケープで固める

この映像がとってもわかりやすいのでおすすめ❤

 

ショート&ボブのママを可愛くきれいに。小ワザ!ヘアグリッターを用意しておき、控えめにラメをのせる。
食事会などでは耳を出してイアリングやピアスでしっかり華やかにする。
うなじや襟足はシェービングしておくと仕上がりが格段に美しい。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いつもと違う雰囲気のママに子供たちはきっと大喜びしてくれますよ。
子供たちは純粋にきれいなものや可愛いものが大好き。

ショートやボブでもちょっとした工夫で華やかにできます。
ショートやボブの女優さんって、メイクもフェミニンでしょ?
メイクも艶感を大事に作り込んでみてくださいね。

簡単に自分でできるヘアアレンジで時間とお金が浮かしちゃおう。

スポンサーリンク

シェアして「ニッチ」を「メジャー」にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です